コンセプト ― ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)にも対応

京都の文化と気候風土に適したZEHをイメージ

京都の文化と気候風土に適したZEHを

厳寒地に建てる住宅のように窓を小さくして壁には断熱詰め込み、巨大な太陽光発電パネルを搭載すればZEH化はいとも簡単です。しかし、それでは四季の変化を慈しみ、内と外とのつながりを大切にする京都らしい暮らしには不向きと言えます。文化や気候風土が変われば家の建て方が変わるのは当然のことです。全国均一のZEHではなく、京都ならではのZEHを。中藏は京都に建てることを前提にした「バランスのとれたZEH」をご提案します。


中藏のZEH普及率目標

中藏は、全新築住宅のうちZEHの割合を下表となるように目標を立てています。2020年には50%以上がZEHとなります。

年度 2016 2017 2018 2019 2020
総建築数 9棟        
ZEHの割合   20% 30% 30% 50%
パッシブデザインでエネルギー消費を抑えるイメージ

パッシブデザインでエネルギー消費を抑える

パッシブデザインとは、開口部から入る太陽の光や熱、そして室内を通り抜ける風といった自然エネルギーを上手に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のこと。室内の環境に自然の心地よさを取り入れる京都らしい暮らし方であるとともに、自然のエネルギーを効果的に利用するので、冷暖房に使用する電気やガスなどのエネルギー消費を削減することができます。

パッシブデザインのしくみ(1)
パッシブデザインのしくみ(2)
パッシブデザインで足りない分を冷暖房機器で補うイメージ

パッシブデザインで足りない分を冷暖房機器で補う

「パッシブデザインではまかなえない寒さ暑さ対策を冷暖房機器によって補う」というのが、中藏の温熱環境づくりに対する考え方。そのため、同じ創エネ機器を設置するのでも、中藏の家ではサイズをコンパクトにすることが可能です。例えば、標準的な大きさの家を中藏の断熱気密仕様で建てたとすると、4kwの太陽光発電パネルを設置することでZEH化が可能になるのです。

パッシブデザインで創エネルギー設備をコンパクトに